AGAを改善したいなら治療を受けながら自宅でケアしよう

自分の毛を移植する技術

男の人

拒絶反応が起きにくい

自毛植毛は、薄毛ではなく健康に生えている部分から植毛する療法です。一般的には後頭部などから採取し、皮膚ごと移植します。施術を施す部位に穴を空けますが、麻酔を使うので痛みはありません。ただし、術後に多少の痛みが出てきます。最大のメリットは、拒絶反応がなく持続することです。従来であれば、約1年程で植毛が抜けてしまいます。しかし、自毛植毛では一度植毛すれば、特別なケアは必要ありません。また、従来の移植技術は誰しもが成功するとは言えませんが、自毛植毛は成功率が高く仕上がりも地毛そのものです。他の毛と同様に伸びていくのです。薬などの治療法に比べ、継続的なコストがかからず、高確率で成功することで人気の植毛技術です。

メンテナンスも不要

自毛植毛は、従来の植毛に比べ自分の毛髪を移植します。例え抜けても自然にまた生えてきます。髪の色や質も今までの自分の毛髪なので、違和感もなくシャンプーなども今まで通り行えます。ただ、植毛をした時はいったん抜け落ちてしまうため、術後から数ヵ月までは生えてくる実感を得ることは出来ません。また、一度に移植する範囲に限りがあります。そのため、より密度を濃くしていく場合、何度か同じように施術を行う必要があります。ただ、拒絶反応もなく移植した毛は自分本来の毛なので、術後に違和感を感じることもありません。維持費もかからないので、最終的なコストを考えると、自毛植毛は今後もさらに人気になっていく植毛技術だと言えるのです。